MENU

持っているsotのバッグを全て紹介する

2020 5/05
持っているsotのバッグを全て紹介する

久々のブログ更新です。丸々一年間放置してしまったので、元々大してなかった書く力は地に落ちた実感があります。

 

その中でも気持ち良く執筆をしたいので、今回は好きな物を全力で語ることにしました。
好きなテーマなら筆も乗るとの目録。目論見通りに慣れよと書き出しを頑張っています。

 

さて、本題のテーマですが、主題にもある「持っているsot革製鞄を全て紹介する」です。
革が好きすぎるあまり革鞄屋に転職した25歳の鞄事情を楽しんでいってください。
※sotの仕事は一切していないので、ステマではありませんよ!

 

鞄は全部で3つ登場します。形状も様々なので、使用シーンも併せてお伝えします。

この記事はこんな人にオススメ
・革が大好き
・プレゼントに悩んでいる
・革鞄についてもっと知りたい
・革鞄屋が使うバッグが気になる
目次

sotのバッグを3種類持っている

22歳の時に出会ってから私を革の世界へ引きずり込んだのがsot-ソット-というブランドだ。
このブランドと出会ったことで私の人生は大きく変わりました。今、鞄製造に携わっているのは間違いなくsotとの出会いがあったからと言えます。

 

最初にファンになったことからsotの鞄は3種(ショルダー、リュック、トート)持っています。今でも完全に一軍選手。3年間スタメンを譲らない強力な相棒達です。
素敵なブランドだからしっかりお伝えしていきたい。

LUKEレザーショルダーバッグ(¥32,000+tax)

LUKEレザーショルダーバッグ

まずは、小ぶりなものから。主な使用シーンは軽装での外出と冠婚葬祭となっています。軽い買い物から姉の結婚式まで持っていける守備範囲の広さを有しています。すごい。

購入先はこちら

 

この守備範囲の広さを実現している理由は二つあります。
・黒のレザーと真鍮の金具だから高級感がある
・ショルダーストラップが取り外し可能

 

以上の二つにより、ストラップを付ければデイリーで使えるミニバッグ、ストラップを外せば落ち着きのあるクラッチバッグとなるわけです。冠婚葬祭のためだけにわざわざバッグも持つのは勿体ないですよね。sotのショルダーバッグであれば、様々なシーンで活躍してくれますよ。

 

私の場合、ふらっと外出、機内持ち込み、結婚式とこのバッグを使っています。使用頻度で言えば、今回紹介するバッグの中でぶっちぎりで一位。ON・OFFで使えるので、私のバッグ界の大谷翔平と化しています。二刀流の使い勝手たるやです。

収納力も必要十分といった具合で、500mlペットボトルや単行本が入る程度となっています。私の場合は、折り畳み傘、二つ折り財布、コインケース、カードケース、キーケースを一度に入れています。これだけの量が一度に入るなら十分すぎるかと。

 

シーン問わず使えて、タンニン鞣しのフルレザー。それで3万円代となると、コスパ的にも優れていると思います。

こんな人にオススメ
・小さいバッグを探している
・一つのバッグでON・OFF使いたい
・小ぶりのバッグでも収納力は欲しい

 

LUKEレザーサイドベルトバックパック(¥58,000+tax)

sot lukeレザーサイドベルトバックパック

続いては大ぶりなバックパックです。両サイドにベルトが付いたあまり見ない(というか初めて見る)形状をしている風変わりな一品。とにかく容量が素晴らしくて、3泊4日程度であればこのバックパック一つで余裕です。

 購入先はこちら

昨年、北海道旅行へ3泊4日のスケジュールで行った際、同行者はみなキャリーバッグでした。その中で、私だけこのバッグと先ほどのショルダーバッグのみ。改めて、このバックパックの性能に驚かされた体験でした。

 

また、これだけの大容量でありながら1340gしかないのもポイント。まぁナイロンのバッグに比べたらぶっちゃけ重いんですけど、革のしかもタンニンレザーでこの容量を確保していながら1340gはかなり軽い方と言えます。商品開発どんだけ頑張ったんだろうとか考えてしまいます。

 

それに大きいバックパックだからこそ、体圧分散されるので実数値よりも軽く感じられますよ。

 

更に、ファッション的観点からも優秀なので、そこも強調させていただきます。ポイントは二つ。
・他にはないデザイン性
・上半身にボリュームが出るため視覚的スタイルアップを狙える

 

まずはなんといってもデザインでしょう。無駄に装飾しすぎていないにも関わらず、圧倒的個性があります。カジュアルな印象が強く、シルエットでかなり遊びを入れていることが分かります。周りと差別化できるという意味では手持ちのバッグ中No.1かもしれません。

 

2点目の「上半身にボリュームが出るため視覚的スタイルアップを狙える」も解説します。コーディネートを組む上でシルエットを整えるのは重要な要素なのですが、大きく「I・A・Y」3つの形状を意識するとスタイルが良く見えると言われています。

 

ボリュームのあるバックパックを背負うことで、3つのシルエットの内、Yラインシルエットを作ることができます。その他のシルエットについては触れると長くなってしまうのでここではさけますね。ググってください。

 

Yラインシルエットとは文字通り「Y」のような形をコーディネート全体で組むこと指します。上半身にボリュームを出し、下半身を細身にすることで足を細く見せることができます。足が細く見えるとスラッとして見えるため、身長が高く見えるわけです。

 

 sotのサイドベルトバックパックはとにかく大きいので、背負うだけで上半身のボリューム作りに貢献してくれます。Yラインシルエット作りにはもってこいというわけ。

こんな人にオススメ
・大容量のバッグが欲しい
・他の人と被りたくない
・スタイルを良く見せたい

ZEBUレザー2wayトートバッグ(¥43,000+tax)

pot zebuレザー2wayトートバッグ

sot最後を飾るのはトートバッグです。私がsotのバッグ類で初めて購入した製品になります。形状はベーシックなトートバッグ。商品の特徴としては、製品名にもある通り2wayでの使用が可能という点が挙げられます。

sot (ソット) ZEBU レザー 2way トートバッグ 本革 キャメル/ダークブラウン/ブラック

価格:47,300円
(2020/5/5 21:02時点)

付属のショルダーストラップを取り付けることでショルダーバッグとしても使用することが出来ます。ただ、個人的には〇〇wayって気にいった一つの使い方しかしないんですよね。今回の場合だと、トートバッグとしてしか使用していません。個人の使いたい方に合わせられるのは良いポイントだとは思ってますよ!

 

このトートのお気に入りポイントは二つ。
・シボ感の強いレザーを使用したデザイン
・2泊3日はいける容量

 

一番のお気に入りはデザインです。時にはシンプルイズベストを選びたいもの。このトートバッグもシンプルさに惹かれました。また、sotオリジナルであるZEBUレザーが高級感たっぷりなため、シンプルさ+品があるんです。

 

加えて、容量もあるので、宿泊を伴う外出にも堪えることができます。仕事でノートパソコン、書類を持たなければならないときも活躍してくれましたよ。所有欲を満たしてくれつつも機能性に妥協がないので日々重宝しています。

ここにタイトル
・シンプルなトートバッグを探している
・ノートPCや書類を持ち運ぶことが多い
・ショルダーバッグでも使いたい

sotを選ぶなら注意点もある

ただ、一つだけ注意してほしいポイントがあります。良し悪しではなく、好みに関するポイントです。それは、sotのアイテムは「無骨さ、男性的、紳士的」なオーラが他ブランドと比べると少ないというポイント。

オーラってなんやねんと思われた方、すみません。ちゃんと解説します。
「無骨さ、男性的、紳士的」なオーラが少ない理由は、どれも丸みを帯びているから。角を見てみてください。どの製品もピシッと直感、、、なんてのはないですよね。

 

紳士グッズの多くはきちんと角が付けられていることが多いんです。これが無骨さを生み出す。一方、sotのアイテムは角に丸みがあり、全体を通して優しい雰囲気があります。どちらかというとユニセックスなデザインで設計されているんですね。私はそこも気に入っています。しかし、苦手な方もいるかなと。

 

もし、プレゼントとしてsotを選ぶ際は、送る相手の好みを把握されてから検討してみてください。私のような「むしろsotのようなデザインが好き」という方も多くいると思うので、探ってみてください。

最後に

いかがだったでしょうか。革鞄製造メーカー勤務の革オタクが持っているsot鞄3種でした。少しでも参考になれば幸いです。

 

それぞれ長所が異なるので、私の財布は目的別に使い分けています。この3種があれば大体のシーンに対応できてしまうので、どれも本当に重宝しています。

sotの製品は、革オタクが納得するクオリティ、革質を有しているブランドの中では、比較的に安価に購入することが出来ます。※もちろん、絶対値としては高価ですが、、、

革製品で良いものを欲しいという方には間違いないブランドなので、ぜひチェックしてみてください。

sot (ソット) ZEBU レザー 2way ブリーフケース 本革 キャメル/ダークブラウン/ブラック

価格:55,000円
(2020/5/5 21:21時点)

私はもっていませんが、ブリーフもありますよ!
ではまた!

目次
閉じる